本文へ移動

SDGsの取り組み

SDGsの取り組み

大京食品株式会社は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  1. 人や国の不平等をなくそう
  2. 住み続けられるまちづくりを
  3. つくる責任つかう責任
  4. 気候変動に具体的な対策を
  5. 海の豊かさを守ろう
  6. 陸の豊かさを守ろう
  7. 平和と公正をすべての人に
  8. パートナーシップで目標を達成しよう

当社の取り組みについて

7.環境問題への取り組み

■生産工場の屋根に太陽光パネルの敷設
当社では、本社工場に太陽光発電システムを導入することにより、電力会社からの買電をおよそ10.6%太陽光発電に置き換えることが可能になりました。結果年間のCO2排出を15トン削減することができます。

2021年10月設置

8.企業として、雇用の機会を平等に

■障がい者雇用について
当社では、障がい者が地域の一員として共に生活できる「共生社会」実現の理念の下、積極的に雇用を促進し、現在では法定雇用率2.2%を上回る13.4%となっております。一般社員と同様の作業を行うことで、共に働く喜びを感じてくれており、当社にとって貴重な人材となっています。
京都府知事表彰状
作業風景
作業風景

11.地域の価値を高める

■地域企業との共通ブランドの立ち上げ
京都の伏見・洛南地域の有志企業が手を組み、其々の商品に共通のブランド(ふしみ美人)を掲げて販売することにより、地域の活性化を図っております。当社としましては、売上の一部を伏見区の社会福祉に役立てて頂いております。
   ロゴマーク
  イベント風景
商品(いなりあげ)
商品(ゆばあんかけ)
TOPへ戻る